【声調完全ガイド】1人でできる!中国語発音の練習法を東京外大生が徹底解説!


発音に対する誤解と声調の重要性


中国語勉強始めたんですけど「発音」が難しくて…。全然相手に言いたいことが伝わらないんです。


という悩みを聞きます。

しかし、よくよく聞いてみると「発音」の中でも「そり舌音」や「e、eng」の発音、「an,ang」の発音が難しいということが多く、「声調」が難しいという話を聞くことは比較的少ないように思えます。

しかしながらここで私の経験ですが、例えば「an、ang」や「in、ing」の発音はそこまで神経質にならずとも伝わるし、「そり舌音」に限って言えばどうしてもできないのなら台湾などの「そり舌」が無いあるいは薄い地域の発音をベースに変えればいいだけの話です。

けれども「声調」だけは違います。なぜ声調だけは間違ってはいけないのか?
その理由はいたってシンプルです。声調が変わると意味が変わるからです。例えば次の例がそうです。

・「请问 qǐng wèn  」=すみません
・「请吻 qǐng wěn  」=キスしてください
・「轻吻 qīng wěn」=軽くキスする、そっとキスする

これらはすべて声調の表記がなければ「qing wen、チンウェン」ですね。


もしあなたが道を聞きたくて、その辺にいる人に「请问=すみません」というべき時に「请吻=キスしてください」といってしまったら?セクハラですね~。

ここでは笑い話にしていますが声調がグダグダな方はかなりいらっしゃいます。
以前Twitterのほうで声調に関してこのようにツイートされてる方がいらっしゃいました。(プライバシー保護のため同じような内容を私のアカウントでツイートしてそれをスクショしたものになります。)


少し厳しく言わせていただきますが「当たり前です

誤解されている方がいますが中国語の発音の難しさは日本語の「橋と箸」のイントネーションの違いなどと言うような生ぬるいレベルではありません。タイ語や中国語などに代表される「声調言語」と呼ばれる言語はその名前の通り「声調」が命なのです。

まずはこの点をしっかり意識しましょう。なので今一度「zhi,chi,shi , e, eng 」などの発音に悩む以前に「声調」ができているかどうか必ず確認しましょう。

本記事では生まれも育ちも日本で、100%日本人の私がどのような工夫をして声調を学習したのかを具体的に説明し、その後動画を通して私と声調の全パターンを練習していきます。

実は単体でなら発音できる方は多いのですが声調同士の組み合わせになる、つまり単語や文章単位になると途端に正確に発音できなくなってしまう人が多いです。本記事では「1声+1声」「2声+3声」などの全パターンを動画付きで私と練習します。どうか最後までお付き合いしていただければと思います。

ここからは有料記事です。こんな方はご購入ください。

・動画で一緒に声調を学びたい方
・声調の練習方が知りたい方
・当ブログを応援してくださる方

2020/10月からプライベート発音講座もスタートしました。興味ある方は以下のURLから詳細をご確認ください。大手やその他個人でやられている方よりも遥かに安価で受けられると思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Post

本当は教えたくない!日本人にしかできない最強の【中国語単語】勉強法本当は教えたくない!日本人にしかできない最強の【中国語単語】勉強法

コンテンツ 全然単語が覚えられない!この勉強法ができる人日本人だからこそできる勉強法必ず音読!回転率をあげろ最初から完璧は無理公認テキストと合わせ2方面から攻める私の学習ロードマップまとめ 全然単語が覚えられない! 皆さ […]

HSK5級 7ヶ月で240点で合格!東京外大生が実践した勉強法まとめHSK5級 7ヶ月で240点で合格!東京外大生が実践した勉強法まとめ

コンテンツ HSK4級に合格した次は5級用意したもの単語の覚え方なぜ「回転率」が大切なのか読解の勉強はやらなくて良い?リスニングは過去問とそれ以外もやれ!作文は毎日作文と添削をしよう必ず添削をしてもらおう過去問は2週間〜 […]

【中国語学習アプリ】厳選6個!初級から上級までオススメできるアプリを紹介【中国語学習アプリ】厳選6個!初級から上級までオススメできるアプリを紹介

コンテンツ スキマ時間活用って本当に大切初級者にオススメな中国語学習アプリmikan 中国語Hello Chinese中上級者にオススメな中国語学習アプリ人民日報一席全レベル対応のアプリHello Talk日中中日辞書 […]