中国語 参考書 紹介「合格奪取! 新HSK1~4級 単語トレーニングブック 」


合格奪取! 新HSK1~4級 単語トレーニングブック


皆さんこんにちは、管理人のShuです。

今回は参考書紹介シリーズ第二弾ということで「合格奪取! 新HSK1~4級 単語トレーニングブック」を紹介させていただきます。

この単語帳はHSK4級合格を目指す人たちにとってバイブルとでも呼べる参考書になります。

前回紹介した「品詞別・例文で覚える HSK基本語彙1級‐4級」とこちらの「合格奪取! 新HSK1~4級 単語トレーニングブック」はよく比較され、私のブログでは両方に関して紹介してますので自分に合ったほうを購入してください。

前回の記事はこちら


詳細


最初はこの単語帳の値段・レベル・おススメ度を見ていきましょう。


  • 価格;1980円(Amazon)
  • レベル; 初級~HSK4級程度
  • おススメ度; ☆☆☆☆(☆5個中)

おすすめポイント


カテゴリー別に分かれている


品詞別・例文で覚える HSK基本語彙1級‐4級 」のほうの長所は、級別に分かれていることを上げました。

というのも級別に分かれていることで自分がどのレベルまで覚えられたのか進歩状況が確認しやすいのが最大の利点でしょう。

しかし、今回紹介する「 合格奪取! 新HSK1~4級 単語トレーニングブック 」は級別ではなく、上記の写真のようにテーマ別に分かれています

単語をやみくもに覚えるよりも、グループに分けて覚えたほうが覚えやすいこともありますよね。

例えば、「乗り物」に関して覚えたければ「車、電車、バス…」といったように乗り物に関する単語をグループとしてまとめて覚えてしまえば効率的ですよね。

合格奪取! 新HSK1~4級 単語トレーニングブック 」 はこの点が非常に優れています。

レイアウトが比較的華やか


また、レイアウトが「 品詞別・例文で覚える HSK基本語彙1級‐4級 」に比べて華やかであることも長所の一つです


品詞別・例文で覚える HSK基本語彙1級‐4級 」は基本的にモノクロですので、つまらないと思ってしまう人には少し味気ない参考書です。

しかし、こちらの「 合格奪取! 新HSK1~4級 単語トレーニングブック 」は上記のように多少の色がありますので少し味気ない感じは避けられるかもしれません。

CD音源が例文まで込み→リスニング練習に


またCDの音源が例文まですべて含まれているのも良い点です。

このCDの音源を使って単語と一緒に例文でリスニングも鍛えることが可能になりますね。コストを抑えたい人にとっては嬉しいことかもしれません。

残念なポイント


しかしながら、何事にも一長一短ありますよね。

以下に私が思う残念なポイントについて説明させていただきます。

※あくまで個人的な意見になります。人によっては私の残念だと思うポイントが長所になる場合も当然ありますので参考程度にお願いします。


例文が難しすぎる


せっかく新しい単語を学習したのに、例文を確認したらわからない単語・表現だらけだったら、どう感じますか?

もちろん、さらに多くの新しい単語に出会えるチャンスではありますが、その単語の使われ方をちょっと確認したり、自分で短文を書いたりするときに、例文が難しいと参考にできないということが発生します

この点を考えると例文が簡素な「 品詞別・例文で覚える HSK基本語彙1級‐4級 」のほうがいいと思います。

CDが単語&例文ですべて込みで入ってる


単語だけ音源を聞きながらスパスパやりたいのに、例文まで入ってしまっているので単語の音源だけ聞けないのです。

ちょっと単語の読み方だけ確認したいのに例文も放送されてしまうので、かかる時間が長くなってしまうのです。

その点は「キクタン」シリーズが優れているかなと感じます。逆にキクタンシリーズは例文の音源がないんですけどねw

級別に分かれていない


テーマやカテゴリー別に分かれてはいますが、級別には分かれていません。

つまり、1級レベルの単語の次に4級レベルの単語が出てきたりします

この点は長所でもあり短所でもあるので難しいところであります。

例えば「 品詞別・例文で覚える HSK基本語彙1級‐4級 」は級別に分かれています。しかも、1級だけなら100単語、2級なら200、3級は300、4級は600単語と、級別に見てしまえば各級の単語数はかなり少ないです。

そのためかなり気楽にスパスパ進みます。「あれ、100単語もう終わったわ1級レベルはクリアだな」といった感じで、自分の進み具合に達成感を得られやすいです。

しかし、この「 合格奪取! 新HSK1~4級 単語トレーニングブック 」は級別に分かれていないので、感覚的には1200単語連続で覚えなくてはいけないのです。

これは例えば3級まで目指してる人には少し不利に働きます。一応単語の下に級を表す☆が書いてありますが、自分で仕分けるのは面倒ですよね。

1級、2級、3級、4級と一つ一つ受験し、ステップアップしたい方は「 品詞別・例文で覚える HSK基本語彙1級‐4級 」のほうがいいかもしれません。

まとめ


結局は前回記事と合わせてご自分の性格と勉強スタイルを分析してみてください。

私のように、まずはサクサク進む「 品詞別・例文で覚える HSK基本語彙1級‐4級 」でサラッと覚えて4級に合格してから、「 合格奪取! 新HSK1~4級 単語トレーニングブック 」でカテゴリー別にまとめてしっかり覚えるというやり方もまた一つの方法だと思います。

2冊買えるなら買ってしまうのも手かもしれませんねw

さて今回は「 合格奪取! 新HSK1~4級 単語トレーニングブック 」について紹介させていただきました。ぜひ参考書選びの参考にしていただければと思います。

それではまた次回!

「中国語 参考書 紹介「合格奪取! 新HSK1~4級 単語トレーニングブック 」」への2件のフィードバック

  1. メラ より:

    初めまして。
    HSK単語トレーニングブックについて参考になるものがないかと探しており、こちらにたどり着きました。
    この単語帳、確かに例文が難し過ぎて私は(中国語初心者)断念しました。
    今は中検4.3級の中国語単語2000というものをやっています。
    単語トレーニングブックに比べるとモノクロですし、分厚いので持ち運びに適してはいませんが例文がないので余計な情報に時間取られることなく進められるので良いかなと思っています。
    文法についても色々と参考にさせて頂きます!

    1. shulog0203 より:

      コメントありがとうございます1ヶ月以上?前の記事になりますので、今と比べて文章力が下手くそで読み辛くなってしまいすみません。私自身は HSKをメインに、中検2級を過去問のみで飛ばして現在準1級の勉強をしている身でして、キクタン等は持っていますがメインとして使ってないので中検に関する単語帳の知識はあまりありません。単語のみを覚えるなら、やはりキクタンがベストでしょうし、5級以上になってくるとちゃんとやっていれば文法力はついてるはずですからトレーニングブックの方が勉強に適していると思われます。もちろん個人によりますが、最近では HSK6級のトレーニングブックも出版されたので、中検がある程度終えたらぜひ書店にて覗いてみてくださいブログを読んでいただきありがとうございました、今は学習法に関する記事をメインに書いている途中です。そちらにもぜひ目を通していただけたらと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Post

『通訳メソッドを応用した中国語短文会話800』が中国語学習に最高な理由『通訳メソッドを応用した中国語短文会話800』が中国語学習に最高な理由

コンテンツ 今回の話は動画でも解説しています中国語を話せるようになりたい人集まれ!通訳メソッドを応用した中国語短文会話800なぜ口から言いたいことが出てこないのか?この参考書を本気でお勧めする理由⓵ Simple is […]

【聴読中国語】最速で大量の語彙を身につける最強の中国語単語帳【聴読中国語】最速で大量の語彙を身につける最強の中国語単語帳

コンテンツ 多読多聴は超重要!オススメ参考書【聴読中国語】聴読中国語の残念な所内容が古い日本語訳がおかしい所が多々ある文章にピンインが書いてない誤植が少し多いどんなレベルの人に向いている?私の聴読中国語の使い方 多読多聴 […]

中国語 参考書紹介「起きてから寝るまで中国語単語帳」中国語 参考書紹介「起きてから寝るまで中国語単語帳」

コンテンツ 起きてから寝るまで中国語単語帳詳細紹介おススメポイント生活に密着した単語が学べる絵がついてるので覚えやすい注意ポイントおススメの使い方まとめ 起きてから寝るまで中国語単語帳 皆さんこんにちは管理人のShuです […]