中国語 受け身構文の用法について詳しく解説


受け身は3種類ある?


前回は「“把”構文」について学習しました。まだチェックしてない方はチェックしてください。

今回は受け身構文を表す「被,让,叫」について学習しましょう。この記事に書いてあることをマスターすればHSK4級に必要な知識は網羅できますので頑張ってやっていきましょう。

受け身構文の基本


受け身構文とは「~に…される」という内容を表現するものになります。主にこの受け身を表すことができる介詞は「」「」「」の三つ存在し、前回の“把”構文同様に、動詞部分に結果を表すなどの要素を加えて「~された」結果どうなったのかという内容を説明しなくてはいけません。そのため一般に動詞の後には結果補語などの結果を表す何らかの成分が続き,単独の動詞のみでは文が成立しないことが多いです。 結果補語などの復習も欠かさず行いましょう。

基本方式
【主語 + 被 / 让 / 叫 + 行為者 + 動詞 + 結果補語など】


・刚才他又经理批评了一顿。
 gāng cái tā yòu bèi jīng lǐ pī píng le yī dùn  
 さっき彼はまた社長に注意された。

・不用的家具工人搬出去了。
 bú yòng de jiā jù ràng gōng rén bān chū qù le
 不要な家具が労働者によって運び出された。

・复印机人修好了。
 fù yìn jī jiào rén xiū hǎo le
 コピー機は修理された。


注意①:実は “被”“叫”“让”、この3つの介詞はいずれも受身を表しますが,“被”はやや文章語的色彩があり口語ではむしろ“叫”や“让”のほうが多く用いられます。しかしながらすべての受け身文がこの3つの介詞どれを使っても自然な文ができるかといったらそうではありません。学ぶ文法ルールと生きた言語にギャップがあるように「」を「」や「」で置き換えた文にネイティブが違和感を感じる例も少なくないです。ですが、神経質になっても仕方ないのでまずは使ってみて、直されたら覚えていくという方法を取ったほうが賢明でしょう。

注意②:またしばしば「 被 」は元々よくないことをされたという漢字の通り被害を表します。「」や「」に関しても同じで、基本は不愉快さであったり被害的なニュアンスが生まれます。ただ今ではそうした被害的な意味がなくても例えば「被」は書面語でなら良い意味合いで使う例もありますし、「让」「叫」も口語で単なる受け身として良い悪い関係なく使用する例はあります。しかしながらやはり根幹となる認識は「被害」と抑えておきましょう。


受け身の否定・助動詞など


否定形を表す「」「」や、助動詞や副詞などの要素は受け身要素“被,让,叫”の前に置きます。

不被人们理解是很痛苦的 。
 bú bèi rén men lǐ jiě shì hěn tòng kǔ de
 人々に理解されないのは苦痛である。

・我的学习情况没被妈妈知道。
 wǒ de xué xí qíng kuàng méi bèi mā ma zhī dào
 私の学習状況は母に知られていない。

・我想被人夸奖。
 wǒ xiǎng bèi rén kuā jiǎng
 誰かに褒められたい。


受け身の疑問文


疑問文は普通文末に「吗?」をつけたり、「」「没有」を用いた正反疑問文にしてつくることができます。

【私が送った手紙は時間通りに受け取りましたか?】
・我寄的信按时被收了吗?
 wǒ jì de xìn àn shí bèi shōu le ma

・我寄的信()按时被收了没有?
 wǒ jì de xìn   yǒu   àn shí bèi shōu le méi you

・我寄的信有没有按时被收?
 wǒ jì de xìn yǒu méi yǒu àn shí bèi shōu


“被”にしかない省略用法


行為者がはっきりしないときや,明示する必要のないときには,“被”の後の行為者は脱落し,“被”の直後に動詞句が続きます。実際には“被”の後の行為者は省略されることが少なくありません。

・房子被拆掉了
 fáng zǐ bèi chāi diào le
 家は取り壊された。

・这本书被借走了
 zhè běn shū bèi jiè zǒu le
 この本は駆り出された。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Post

方位詞 方位詞 

コンテンツ 方位を表す中国語単純方位詞単純方位詞の合わせ型合成方位詞場所化としての方位詞 方位を表す中国語 前回は所在の「在」と方位詞「上、里、下」を学習しました。 この記事は前回記事との合わせ記事となっていますので、ま […]